• 松田真将

    SHINSUKE MATSUDA

  • 愛知県出身
    幼少期は海と山に囲まれた漁師町で過ごす
    小中高とサッカーに明け暮れる
    ヤンキーの多い工業高校の土木建築科を卒業後
    飲食の世界で10年修行後起業する
    飲食事業、映像製作事業、美容事業を立ち上げ
    業界最大イベントの大賞などを数々受賞する
    2014年には国から『地域で光り輝く日本のおもてなし経営大賞』を受賞
    人材育成にも定評があり、全国各地で講演をする
    2015年全ての事業の代表取締役を辞任する
    2016年春。それまでのレガシィを全て投げ打ち、
    ミュージシャンとして産声をあげた松田真将。
    自主制作でリリースされたアルバム『Voice Of Your Soul』は瞬く間に2000枚を売り上げ、
    自身の生誕地である半田市雁宿ホールでのライブを大成功へと導く。
    直後、いち早くその動向に着目していた東海エリアのメディアからのオファーが舞い込み、
    新人では異例とも言える東海ラジオ、@FMでのレギュラー・パーソナリティーに抜擢される。
    また、その噂ははるばる海を渡り、
    2016年夏「台湾」という異国の舞台で10000人を超える動員を記録した。
    着々とメジャー・デビューに向けての準備が進む中、
    ミリオンセラー・コンポーザー十川知司氏の楽曲提供も実現。
    同時に、ex.ニューエスト・モデル、ソウルフラワーユニオンの
    キーボーディスト奥野真哉氏のアレンジ参加も決定した。
    2016年から全国どさ周りをしてきたツアーファイナルが名古屋センチュリーホール。
    そして今春。
    デビュー僅か1年足らずという驚異的なスピードで、
    「夢を夢みるだけで終わらせない」松田真将が次なる指標に定めた
    名古屋センチュリー・ホールでのライブが開催される。

想い。

僕は幼少期から家庭環境が少し複雑だった
高校生の頃父親の事業がうまくいかず
家庭は荒れに荒れた
18の頃進路を決めかねていて
学年で唯一、卒業間近まで決まっていなかった。
大人になるまで気づかなかったが
誰かのための人生を生き始めたのはこの頃だと思う。
長男なんだし俺が家なんとかしなきゃって
そんな思いは確かにあった。
非常に非常に見えにくかったが自分の純粋な気持ちを自分で蓋をしたんだと思う。
そして経営者になるって決めた。
修行10年
会社経営10年
この20年間よくやった。
10年連続増収増益
業界イベントのタイトルも獲らせて頂いたり
国からも表彰して頂ける企業へと成長させて頂いた
親の生活も見れるようになったしね。
三年前。あるメンターの方から
あんた一番大切にしなきゃいけない人を
一番置き去りにして大切にしてこなかったのね
と言っていただいたのがきっかけで、それと同時に
純粋な自分を確かに置き去りにしてきた事を体感する出来事が起きた
この20年間も相当自分と向き合ってはきたが
これがきっかけでさらに深く自分と向き合うことになった。
そこで行き着いたのが
純粋な自分と愛だった。
他人の価値観やしがらみや周りからの目ではなく
制限なかったら何したいか?を純粋に問いてみた。
出てきたキーワードはいくつかあるんだけど
伝える
人を勝たせる
自分を愛す
自分の気持ちに正直に生きること
そしてやりたい事は自己愛の醸成
誰かの望む人生やパターンに絡め取られる人生ではなく
自分の人生を生きるんだよ
生きられるんだよということを伝えて行きたい。
それをより沢山の人に伝える方法として
音楽を選択した
歌は、音楽は世界共通
想いのこもった歌で、挑戦する姿で
その生き様そのもので
伝わるまで伝え続ける
どこまでいっても
自分は自分でしかない。
僕の夢を追い続ける姿と歌で
沢山の人に希望を届けたい
勇気を届けたい
愛を届けたい
人の可能性を伝えたい
どこからでもやれるっていうのを示したいし
変われるっていうのも伝えたい
それをさせていただける環境にも感謝でしかない
これが僕の制限やしがらみ関係なく純粋にやりたいこと
将来、僕の歌が学校の授業で子供達に歌い継がれたら
最高の喜びだ。
オリンピックやサッカー日本代表の試合の
国家斉唱を歌えたらこれまた喜び
メジャーデビューすることが目的ではない
東京ドームで歌うことが目的ではない
歌と生き様で
愛や希望や夢やエネルギーや衝動や
踏み出す勇気を届け
存在感を得れるように
あなたの尊さをより感じられるように
それらを伝えて行くことが目的
そして
CDやグッズやLIVEの収益を公益に投じて行きたい
人生で大切なことは決断。
この自分が選択したこの道を
確かなものにしていくし
自分で決断したことは自分で責任を持つだけ
38歳からの本気の挑戦
悲壮感たっぷりじゃなく、遊ぶように楽しんで
実現して行きたい。
大人が本気で楽しんだらすげんだぞって
子供達にも伝えて行きたい
この目的が伝わるような
トーク&ライブも全国で開催して行きたい。
応援して頂けたら本当に嬉しいです。
いつもありがとう。
果てない道の通過点
ROAD TO TOKYO DOME
あなたと一緒にその景色が見たい。